全国公益法人協会主催 定例講座講師を務めました

平成25年4月23日(火)
北海道札幌市 KKRホテル札幌 (地図) 3階鳳凰において
全国公益法人協会主催の北海道定例講座で事務所代表の清水謙一が講師を務めました。

 

『後悔する役職員が続出! 公益認定した後に気づく申請書の失敗事例(公益法人コース)』

『後悔する役職員が続出! 移行認可した後に気づく申請書の失敗事例(一般法人コース)』

**********************************************

『後悔する役職員が続出! 公益認定した後に気づく申請書の失敗事例(公益法人コース)』は
下記の内容で行いました。

時間 : 9:30~12:30 (質疑応答含む)
内容
1 収支相償基準等の財務基準のクリアができない場合
2 会計区分・事業区分が不適切であった場合
3 申請時の配賦基準に不都合が生じた場合
4 収益事業等の利益繰入額を簡単に考えすぎていた場合
5 税務上の考慮が不十分で、かえって課税額が増えた場合
6 新しい定款・内部規程で法人運営に支障を来す場合

**********************************************

『後悔する役職員が続出! 移行認可した後に気づく申請書の失敗事例(一般法人コース)』は
下記の内容で行いました。

時間 : 13:30~16:30 (質疑応答含む)
内容
1 公益目的支出計画が短すぎた場合
2 公益目的財産額の時価算定が甘かった場合
3 会計区分・事業区分が不適切であった場合
4 申請時の配賦基準に不都合が生じた場合
5 税務上の考慮が不十分であった場合
6 新しい定款・内部規程で法人運営に支障を来す場合

GoTo TOP