公益法人・非営利法人向けサービス

麹町会計事務所では、非営利法人に関連する数多くの講演・執筆活動・実際のコンサルティング活動を通じて、多くの実践的なノウハウや情報、関係諸団体との人脈を有しております。
そのようなノウハウや情報、人脈に基づいて、公益法人・非営利法人向けに以下のようなサービスを提供しています。

  • 公益・一般法人への移行後の公益認定基準・認可基準の充足のサポート
  • 税務戦略の立案
  • 会計関連アウトソーシング業務
  • 移行法人の公益認定への再チャレンジ
  • 一般社団・財団法人の新設と公益認定
  • 相続対策などのための公益法人の新設と運営サポート

新公益法人会計基準への対応サポート

移行後の公益認定法人・一般認可法人の会計実務の対応は、単なる簿記会計の知識や新会計基準の制度理解だけでは対応は極めて困難です。公益認定法人の場合には経理的基礎要件の充足はもちろんのこと、収支相償・公益目的事業比率・遊休財産額保有制限等の公益認定基準との整合性を、また、一般認可法人の場合には公益目的支出計画を意識した、会計オペレーションや予算実務を組み立てていく必要があります。
また、公益認定法人の場合には月次・四半期決算でのチェックシステムの構築が必要不可欠です。

麹町会計事務所ではこのような複雑な会計実務のサポートを実践的にお手伝いさせていただきます。

会計業務アウトソーシング

新公益法人会計処理実務は、専門性が高く、関連法規の解釈が不可欠で極めて煩雑なものになります。そのため、担当者の変更、退任等で大きな混乱が生じることも少なくありません。
麹町会計事務所では、会計記帳・各種帳票類の作成、新公益法人会計基準に対応した財務書類・予算資料の作成、定期報告書類の作成等の全般的な会計業務を、人材派遣やアウトソーシング形式によりサポートさせていただきます。

公益法人税務コンサルティング

移行後の新公益法人税制は専門家の間でも見解が大きく分かれる分野があるなど、会計基準との関係でとても複雑な税制となっています。今までの延長線上での対応や誤った解釈や思い込みによる判断で処理した場合には、思わぬ税負担を強いられたり、後で課税当局から追徴を指摘される事態になりかねません。

麹町会計事務所では公益法人税制に精通した経験豊富な税理士が実践的な税務コンサルティングや税務申告サポートをさせていただきます。

運営サポート

定款の変更案を策定するに際して、新制度における新たなガバナンス体制を意識して機関設計等を検討したかと思います。移行後は機関設計の段階から一歩進めて、実際に法令、定款に沿った法人運営がもとめられます。社員総会、理事会及び評議員会の運営については法令、定款等で詳細に規定されており、これらを順守していくことが従来の法人運営に比べて難しいことかと思います。さらに理事、監事及び評議員に対する損害賠償責任も法定化され一歩間違えばトラブルに巻き込まれることにもなります。すなわち新制度の法人運営には株式会社の制度が多数導入されているわけです。

従来に比べて難しい法人運営がもとめられる中、麹町会計事務所では経験豊富な法務コンサルタントが法令、定款を順守した法人運営をサポートいたします。

一般法人の設立と公益認定の取得

意外と知られていませんが、公益法人制度改革により、一般社団・財団法人は準則主義による簡易な手続きにより設立が可能になり、従来に比べ容易に設立ができるようになりました。また、一般社団・財団法人の公益認定も要件が明確化され、比較的容易に公益認定を取得することができるようになりました。

研究組織や学会、同業者組織の社団法人化や個人の想いを実現化するためのプライベート財団、相続対策を目的とした財団法人などの法人スキームは様々なものがあります。

設立にあたっての機関設計・定款作成や税務上の論点整理など数多くの経験から得られたノウハウに基づいて目的・事業に沿った最適な組織設計をご提案させていただきます。

418psKEv1VL._SL500_AA300_
GoTo TOP